データベースにAmazon Auroraを採用。

パフォーマンスが数倍向上した MySQL および PostgreSQL 互換のリレーショナルデータベース。フルカスタマイズが可能で強靭なクラウドDB。

Amazon Aurora は、MySQL と互換性のあるリレーショナルデータベースエンジンで、高性能の商業用データベースの可用性とスピード、およびオープンソースデータベースのシンプルさとコスト効果性を併せ持っています。Amazon Aurora は、MySQL よりも最大 5 倍のパフォーマンスを発揮するだけでなく、商業用データベースのセキュリティ、可用性、および信頼性を 10 分の 1 のコストで実現します。

Amazon Aurora のご紹介

trending_up

高性能

Amazon Aurora は、同じハードウェア上で実行される標準 MySQL の 5 倍、標準 PostgreSQL の 2 倍のスループットを実現します。この一貫性のあるパフォーマンスは商業用データベースのパフォーマンスと同等であり、しかも、コストが 10 分の 1 です。最大規模の Amazon Aurora インスタンスでは、秒あたり最大 500,000 回の読み込みと最大 100,000 回の書き込みを達成できます。さらに、きわめて小さい 10 ms のレイテンシーを実現するリードレプリカを使用することによって、読み込みオペレーションをさらにスケールすることもできます

security

セキュリティ

Amazon Aurora では、データベースのために複数のレベルのセキュリティが用意されています。これらの機能には、Amazon VPC によるネットワーク分離、AWS Key Management Service (KMS) を介して作成および制御されるキーによる保管時の暗号化、移動中データの SSL による暗号化が含まれます。暗号化された Amazon Aurora インスタンスでは、基盤となるストレージが暗号化されます。さらに、同じクラスター内にある自動化バックアップ、スナップショット、およびレプリカも暗号化されます。

timer

高速

Amazon RDS は、プロジェクトを計画してから配備を行うまでの手順を簡単にします。シンプルなAPI 呼び出しを使用して、実稼働に対応したリレーショナルデータベースの機能に数分でアクセスします。 また、読み込みと書き込みを分けて運用するので、処理速度も飛躍的に高速になります。

verified_user

高可用性と耐久性

Amazon Aurora は、99.99% の可能性を提供するように設計されています。物理ストレージの障害は透過的に復旧され、インスタンスのフェイルオーバーは、通常、30 秒未満で完了します。Amazon Aurora のストレージは耐障害性と自己修復機能を備えています。データについては、6 つのコピーが 3 つのアベイラビリティーゾーンにわたってレプリケートされ、連続的に Amazon S3 にバックアップされます。

zoom_out_map

高いスケーラビリティ

Amazon Aurora データベースは、2 vCPU と 4 GiB のメモリを備えたインスタンスから、最大で 32 vCPU と 244 GiB のメモリを備えたインスタンスまでスケールできます。また、3 つのアベイラビリティーゾーンにかけて最大 15 個の低レイテンシーリードレプリカを追加することでさらに読み込み容量をスケールできます。Amazon Aurora は 10 GB から 64 TB まで、必要に応じて自動でストレージを拡張します。

swap_horiz

MySQL および PostgreSQL との互換性

Amazon Aurora データベースエンジンは InnoDB ストレージエンジンを使用することで MySQL 5.6 と完全な互換性があります。これは、お客様が MySQL データベースですでに使用しているコード、アプリケーション、ドライバー、ツールをほとんど、またはまったく変更を加えなくても Amazon Aurora で使用できることを意味します。このことはまた、MySQL の標準のインポートおよびエクスポートのツールや MySQL binlog レプリケーションを使用して、既存の MySQL データベースを容易に移行できることも意味します。