メインサーバーにはAWSクラウドサーバーを採用。


完全に独立したシステムをクラウド上で連携

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能をクラウド内で提供するウェブサービスです。ウェブスケールのクラウドコンピューティングを開発者が簡単に利用できるよう設計されています。Amazon EC2 のシンプルなウェブサービスインターフェイスによって、手間をかけず、必要な機能を取得および設定できます。お客様のコンピュートリソースに対して、高機能なコントロールが提供され、Amazon の実績あるインフラストラクチャ上で実行できます。Amazon EC2 では、わずか数分間で新規サーバーインスタンスを取得して起動できるようになります。これにより、データの復元、万が一サーバーがダウンした場合にも瞬時に復元可能になります。

Amazon EC2 のご紹介

一般的な物理サーバー(オンプレミス)とAWSクラウドサーバーの違い

一般的な物理サーバー(オンプレミス)

必要なもの

  • ケーブルの敷設
  • 冷却
  • 電力
  • ネットワーキング
  • ラック
  • サーバー
  • ストレージ
  • 認定
  • 労働力

AWSクラウドサーバー

必要なもの

  • インターネット

一般的な物理サーバー(オンプレミス)の構成

クライアントPCからのアクセスに対し、静的なページであればサーバーからレスポンスを返し、動的なページであればDBに情報を取得しに行き、レスポンスを返す。この流れ自体は同じですが、 サーバーのスペック、ディスク領域などはスライド2のグラフ同様、一定で変化しません。 大量のトラフィックが発生したとしても一定の働きをします。 また、サーバー・DBのいずれかに問題が起きればサイトは表示されなくなり、復旧へのコストがかかります。 メンテナンス・運用においても物理サーバーはソフトウェアやバージョン管理など、設置したエンジニアまたはメンテナンスエンジニアが管理しない限りほとんどの場合最新バージョンが保たれないのが現状です。

AWSクラウドサーバーの構成

リレーショナル・データベース、EC2インスタンスに問題が起きたとしても、それぞれが独立しクラウド上で動いているため、ウェブサイトを正常な状態に保つことができます。 左の図ではリレーショナル・データベース、EC2インスタンスが3つずつの構成ですが、これはいくつでも準備することができます。EC2インスタンスが停止した際にはEC2インスタンスの複製を立ち上げ、一瞬にしてサイトの状態を復元することができます。 同様にリレーショナル・データベースも一瞬で複製し、データベースの立ち上げが可能です。 さらにそれぞれのインスタンスはトラフィックに応じてパフォーマンスを無駄なく縮小・拡大することができます。 それぞれがクラウド上で独立しているため、メンテナンス・バージョン管理のコストも下がります。