ソリューション構成

APIを使うことであらゆるシステムとの連動が可能です。

Google アナリティクスでは、売り上げやコンバージョン数に加え、ユーザーの行動や訪問経路を解析できるほか、サイトを訪れたユーザーのリピート率を高める方法を詳しく分析することができます。

システムのインフラストラクチャーにAWSを使用しているので、AWSの様々なクラウドデータシステムと連動することができます。

業務用チャットツールの「slack」APIを利用してスクレイピングアプリで取得したデータをスマートフォンにプッシュ通知することが可能です。 複数店舗のデータを扱う場合は各店舗ごとの売上をプッシュ通知でレポートすることも可能です。

Redmineはオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。タスク管理、進捗管理、情報共有が行えます。ソフトウェア開発やwebサイト制作等のITプロジェクトをはじめ、汎用性が高いため幅広い用途に活用できます。

AMCHARTSはすべてのデータ視覚化ニーズに対応するプログラミングライブラリーツールです。取得したデータをAmchart javascriptを使うことであらゆる形のグラフへ変換し、可視化します。