イノベーター理論


エルソウルでは常に改善。前進をする企業をサポートしています。

イノベーター理論とは、スタンフォード大学の教授で社会学者である「Everett M. Rogers」が「イノベーションの普及」で提唱した理論です。新製品や新サービス、新しいライフスタイルや考え方が世の中に浸透する過程を、5つのグループに分類しています。

イノベーター理論の図

どんな価値観を持った人が受け入れられていくのかを、取り入れた順番が早い順で表しています。

イノベーター理論の5つのグループの特徴

1.イノベーター(Innovators:確信者)

2.アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)

3.アーリーマジョリティ(Ealy Majority:前期追随者)

4.レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)

5.ラガード(Laggards:遅滞者)

1.イノベーター(Innovators:確信者)

全体の2.5%という非常に少ないタイプですが、イノベーターに分類される人たちは、新サービス、新商品の導入に最も積極的な層です。IT・インターネット界ではGoogle、Amazonがこの層にあたります。新しい技術、常識を変えるプログラミングが生まれています。

2.アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)

市場のトレンドに敏感で、常にアンテナを張って自ら情報収集を行い判断するグループ。全体の13.5%をを構成します。アーリーアダプターは「イノベーター」と違って、新しいサービスの具体的なメリットについて着目します。そして、良いと判断したものを積極的に導入します。このグループは、次のグループ層であるアーリーマジョリティやレイトマジョリティへの影響力が大きく、「オピニオンリーダー」とも呼ばれます。

3.アーリーマジョリティ(Ealy Majority:前期追随者)

新しいモノを採用することには比較的慎重なグループ。慎重ではあるものの、全体の平均よりは早く新しいモノを取り入れる。全体の34%を構成します。アーリーマジョリティは、オピニオンリーダーからの影響を強く受ける人達です。例えば、流行に敏感な中高生などは、話題の商品や、あこがれの芸能人が持っている商品を欲しがったりしますよね。この層がアーリーマジョリティです。

4.レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)

新しいモノを採用することには懐疑的なグループ。周囲の大多数が使用しているという確証があって初めて導入を決意する。全体の34%を構成します。レイトマジョリティは、新市場の導入者数が過半数を超えたあたりから導入を始めるため、「フォロワーズ」とも呼ばれます。周りの動向を伺い、周りと同じ選択をすることで安心を得る層です。

5.ラガード(Laggards:遅滞者)

もっとも保守的なグループ。トレンドや世の中の動きに関心が薄く、イノベーションが伝統になるまで採用しない。全体の16%を構成します。ラガードは伝統主義者とも訳されるとおり、最後までなかなか新しいモノを受け入れない人たちです。中には最後まで不採用を貫く人もいます。頑固者や、「古い技術の方が便利」といった変化を嫌う層です。

イノベーター理論ではこのような5つのカテゴリーに分類されます。どの業界においても新しいモノを求める層と保守的な層に分かれると思います。私たちはアーリーアダプターのような、常に改善を意識しているお客様を求めています。それはアーリーマジョリティやレイトマジョリティにあたる層では技術よりも「周りのみんなが使ってるかどうか」を重視しているので、私たちの優先している「技術の追求」からそれてしまうからです。技術を追求することで高い水準のシステムをお客様へ還元することができると私たちは考えています。