AWSクラウドサーバー導入


完全な制御な可能なシステム構成。AWSクラウドクラウドインフラストラクチャ。

AWSクラウドインフラストラクチャのメリット

・固定の償却コストを変動コストに転換

・スケールによる大きなコストメリット

・キャパシティ予測が不要に

・速度と迅速性の向上

・データセンターの運用と保守への投資が不要に

・分単位で世界中にデプロイ

詳細URLopen_in_new

https://aws.amazon.com/jp/what-is-cloud-computing/?nc1=f_cc

自社サーバーとクラウドコンピューティングの違い

自社でのシステムやサービスの導入・運用を検討する上で、自社サーバーの環境とクラウドを比較すると大きな違いがあります。

クラウドを上手に活用することでこれまでにないメリットを得る事ができます。

それは価格面だけでなく、導入期間、セキュリティ、拡張性等多岐にわたります。。

また、ピーク設計の違いでも、クラウドは運用負荷の大幅な軽減をもたらすため、よりビジネスに重要なプロジェクトに集中することができるようになります。

詳細URLopen_in_new

https://aws.amazon.com/jp/comparison-onpremise-aws/

AWSについてopen_in_new

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/

AWSのセキュリティ

クラウドセキュリティは AWS の最優先事項です。AWS のお客様は、セキュリティを最も重視する組織の要件を満たすよう構築されたデータセンターとネットワークアーキテクチャを利用できます。

AWSクラウドセキュリティopen_in_new

https://aws.amazon.com/jp/security/

AWS クラウドの利点は、お客様が安全な環境を維持しながらその環境をスケーリングし、進化させることを可能にすることです。実際に使用したサービスに対してのみ料金が発生するため、事前の投資なしで必要なセキュリティを獲得でき、オンプレミス環境よりもコストを削減できます。

※所有するコンテンツ、プラットフォーム、アプリケーション、システムおよびネットワークを保護するためにどのようなセキュリティを実装するかについて管理権限を保持しており、これはオンサイトのデータセンターのそれとなんら変わることはありません。
AWSの保守運用サポートが必要な理由はここにあります。

AWSの導入について

一般にAWS運用は下記の4ステージに振り分けられます。パートナーは左2つのステージで「スペシャリスト」、右2つのステージへ突入すると「変革者」と呼ばれます。

AWS構成例(ウェブサイト)

AWS構成 - それぞれの役割

Elastic Load Balancing

詳細open_in_new

Amazon Route 53

詳細open_in_new

AWS Certificate Manager

詳細open_in_new

Elastic IP address

詳細open_in_new

AWSの保守運用について

常に快適なインフラ環境を保つために以下のサポートを推奨しております。

◆セキュリティパッチ更新サポート

様々なウイルスや脆弱性が発見されると、その問題を修正するためにセキュリティが改善されます。

セキュリティパッチをインストールすることで危険を回避できるようになります。

◆ミドルウェア更新サポート

サーバー構成時インストールしたミドルウェアはそれぞれが常に改善を続けています。

更新によって新しい機能が追加されたり、処理が早くなるなどの恩恵を受けられますが、場合によっては互換性がなくなり不具合がおきます。適切な更新を続け、快適な環境を維持します。

◆EC2インスタンスバックアップ

万が一サーバーに不具合が起きてダウン、起動不能になった場合に即時に復旧できるようにインスタンスを複製しバックアップを取ります。

◆Amazon RDS バックアップ

万が一データベースに不具合が起きてダウン、起動不能になった場合にデータを失わないようにバックアップを取ります。

◆AWS テクニカルサポート窓口代行

更新時の不具合、トラブルが起こった場合にAWS技術者とのやり取りを代行いたします。

サポート窓口の対応は知識のある技術者でないとサポートが受けることができないので、技術者がいない企業さんの代わりに状況を調査し、AWS技術者に伝え、最適な方法で問題点を解決致します。

◆緊急時復旧サポート

万が一のトラブルが起こった場合に、復旧するまでの作業を致します。バックアップしてある構成要素を新たなネットワークで接続し、健全な状態を復元します。

現行のシステムの調査からヒアリングを行い、お客様の環境に合わせた最適なシステムをご提案致します。

お問い合わせはこちらから